車のドアは大まかに分けて3種類ある

| 未分類 |

車にもいろいろな種類がありますが、そのつくりから車に乗る際に必ずてに触れるドアにもおおまかに分けて3種類あると言われています。
セダンタイプの基本的な車には、手前に引く一般的なもので、セダンではなくとも概ねあらゆる車の運転席や助手席に取り付けられています。
また、近年のコンパクトカーの人気ぶりからよく見かけられるハッチバックタイプのもの。
これは車の後部に取り付けられて、荷室スペース、又はトランクへのアプローチを効率的に使いやすくさせてくれています。
そして最後に、ファミリー層から絶大な人気を誇るミニバンタイプの車には、左右に開閉させるスライドタイプのものが多く設置されています。
このタイプのメリットは、スペースが狭い駐車場などで、水平方向へ開閉させることが出来るので、隣の車に傷を付けてしまう心配がありません。
しかも近年その使いやすさの人気からあらゆる工夫が施されているのも、このタイプのお特徴でもあります。
例えば、安全を確認した上で、運転席からの開閉をコントロールできるものや、少し力を加えるだけで安全に開閉できるものまで、オプションとしてラインナップされている事からも、その人気ぶりが伺えます。
使用されている部品はそれぞれ異なります。
セダンタイプや運転席、助手席に取り付けられるものは、ヒンジにより開閉を可能にしています。
ハッチバックタイプに取り付けられている、上下に開閉するものは、ダンパーという油圧による仕組みで、開閉する際に重さ感じさせません。
そしてミニバンに見られるスライド式は車の上下にレールが設置されて、そこに沿ってスライドさせる仕組みになっているのです。