» 未分類のブログ記事

エアロガーニッシュ

| 未分類 |

自動車は、今や生活には欠かすことの出来ない生活必需品となりました。特に居住している場所が、郊外や公共交通機関が不便な場所では、必須となっていると考えます。
自動車は、一家に一台といわれていましたが、現在では一人一台に近づきつつあります。また、いつの時代にもオリジナリティーが重視されていて、自分好みにカスタマイズするという楽しみかたも自動車の魅力です。自分好みにカスタマイズするときには、スポーツカーが定番でしたが、今ではどんな自動車でもカスタマイズ出来るように各パーツメーカーも力を入れています。
自動車のパーツで代表的なのは、エアロガーニッシュです。
これは、本来は車の走行性能を向上するために装備するのが目的となっていました。ですが、近年ではファッションとしての意味合いが強くなってきています。そもそもエアロの歴史は古く、空気の流れを利用することにより、自動車の走行性能を上げることが出来るパーツなのです。空気は、抵抗となるために走行性能を低下させます。その空気を逆手に取って走行性能を向上させます。
具体的にフロントエアロは、車体の下に潜り込んでくる空気を流入させないパーツです。これにより、車体を浮き上がらせる力を少しでも防ぎます。また、リアスポイラーは、空気を利用して車体を下に押しつける役割を担っています。
エアロパーツの共通の目的としては、空気抵抗を減らすと共にタイヤへのグリップ力を上げる事なのです。それにより、自動車の走行性能があがるのです。

リアスポイラー

| 未分類 |

リアスポイラーは車体後部に付いている飛行機の羽を逆さまにしたような部品です。
リアウイングとも呼ばれ、高速走行時にダウンフォースと呼ばれる下向きの力を発生させて、駆動輪を地面にしっかりと押さえつける役割を持っています。
このリアウイングは、先にも述べたように飛行機の羽を逆さまにしたような形になっています。
これは、飛行機が飛ぶ理屈を思い出していただくと理解しやすいのですが、飛行機が飛ぶさいは羽に風を受けて羽の上下の空気の流れる速さの違いから揚力を発生させて飛行機が飛ぶようになっています。
この飛行機の羽が上下逆になったということは、飛行機が飛ぶのとは反対に、下に潜ろうとする力が発生するわけです。
ところが下には地面が有りますので、結果リアウイングはタイヤを押さえつける役割を果たしているのです。
これは高速になればなるほど効果があり、通常ならば浮き上がってまともにはしれない時速300キロ以上でも、このリアウイングのおかげで、しっかりとタイヤをグリップさせることができるのです。
しかしながら、一般乗用車に使用されているスポイラーはおもにドレスアップの目的が強く、残念ながら実用性に関しては未知数なのが現状です。

サイドスポイラー

| 未分類 |

車のドレスアップパーツで人気があるのが各種エアロパーツです。標準でついている場合もありますが、多くの場合はオプションで取り付けることになります。エアロパーツを取り付けると外観が大きく変わりますので、それだけでも取り付ける価値がありますが、本来は空気の流れを調整する大きな役割があります。具体的には、ダウンフォースを得るという役割があります。ダウンフォースというのは、走行中スピードが上がるにつれ、空気が車の下に流れ込み車体を浮き上がらせようとするのを、逆に各種エアロパーツによって下に押し付けようとする力のことを言います。ダウンフォースを得ることにより、車は安定感を増し、コーナリングも高速で駆け抜けることが可能になります。

エアロパーツには、フロントスポイラー、サイドスポイラー、そしてリアスポイラーの三つの部分からなり、バラバラに取り付けるよりも、一緒に取り付けるほうがより効果があります。サイドにスポイラーを取り付けてもあまり意味がないのではと考える方もありかもしれませんが、空気を後方までうまく流してやるために重要な役割を担っています。ただしこれらのエアロパーツは、時速100キロ以上ないとあまり効果がありません。

フロントスポイラー

| 未分類 |

車の購入をする時オプションでエアロパーツを付けることがあります。
エアロパーツには、主にフロントスポイラー、サイドステップ、リアスポイラーがあります。
エアロパーツの目的は風の流れを良くすることで、走行性を高くするということがもともとの目的でした。
フォーミュラーカーなどの場合、後部に取り付けられた大きなウイングタイプのスポイラーが空気抵抗を抑え空気の流れを良くすることで速く走れるという点はあります。
しかし、日本国内の公道では、制限速度があり、それほどスピードを出すわけにはいかず、このスポイラーが役に立っているわけではないと考えて良いでしょう。
そうすればスポイラーの役割は何であるかと言えば、デザインにあると言えます。
純正オプションで設定されているものや、社外での製品もあり、それぞれに形状が違います。
とくに若い世代がこのエアロパーツを好む傾向があり、エアロパーツを付けることで愛車を自分なりにカスタマイズでき、エアロパーツが付いているかいないかで、売却時の買取においても価格が大きく変わるほどで、エアロパーツにおいてデザインは非常に重要であると言えます。
エアロパーツを装着した中古車はとても人気が高いです。

空気の流れを利用して走行性を上げる

| 未分類 |

エアロパーツとは通称エアロと略されることが多く、もともとのこれの役割は空気の流れを利用し走行性を上げるというのが目的でしたが、新車を購入する際に「エアロパッケージ」とか「スペシャルエアロエディション」とか「エアロセレクション」など様々なかたちでエアロを取り付けたバージョンのグレードが設けられています。
しかしこれらの車がすべて空気抵抗を考えて作られているかと言えば、当然そうではなく、デザイン性を大幅に考慮しているという側面が高いです。
従来はエアロの代表といえばトランクリッドに取り付けるウイングタイプやリップタイプのスポイラーが多かったのですが、ボディに穴を開けての取り付けとなり、錆の原因でもあるため、最近ではほとんどみられなくなりました。
一方で、スカートと言われるフロントバンパー・リアのバンパーやサイドステップ部分に付けるウレタン製やFRP製のスポイラーが多くなりました。
デザインを重視してつくられるこのタイプのスポイラーには欠点と利点があります。
欠点としては坂道で裾がするという点や取り付けと購入にコストが掛かるという点で、利点としては見た目が良い、下取り時に価格を上げるポイントとなるなどがあります。

ガルウイングドア

| 未分類 |

通常、自動車のドアは前方座席ではフロントのフェンダー後部の骨格部分に蝶番などで取り付けられた手前に引いて片側で開けるタイプが多いのですが、現在はミニバンなどのワンボックスタイプの車が多く、これらの車は前部の座席はそうなっていても、後部座席においてはスライド式のドアが多く、ほとんどがこの2タイプと言えるでしょう。
一時国産車でも生産されていたのですが、ドアが斜め前方に押し上げるポップアップドアが採用されていたことがありますが、現在すでに製造が終了しています。
もともとこのドアはイタリアの高級スポーツカーなどで採用されており、それが国産車でも採用された経緯があり、日本の狭い道路交通事情であまり適さないことから、思ったよりも人気が出ませんでした。

海外では車体の外側に左右に向かって翼のように開閉する、ガルウイングというドアを採用した車もあり、1980年代にガルウイングドア車が登場するアメリカ映画が公開されてこのタイプのドア方式が広く世間に知られることとなりました。
やはりこれもまた、駐車スぺースの限られたところではドアが上がらず、降車出来ないという難点があり、日本では適さないというものと、ドアを上げる際に楽に上げられるように付けられたガスダンパーが経年でガスが抜け、開閉がしづらなるという難点をもちます。

ハッチ型ドア

| 未分類 |

自動車のドアの種類の一つとして「ハッチ型ドア」と呼ばれるものがあります。
このドアは主に車の後部に取り付けられているもので、リアガラスと一体化した形状となっており、上下に開閉する仕組みとなっています。
この方式のドアを採用している車は「ハッチバック」と呼ばれており、現在、ほとんどの自動車メーカーがこのタイプをラインナップに用意しています。
ハッチバック車の特徴としては、室内と荷物室が一体となった設計になっている点が挙げられます。
セダンタイプのように独立したトランクを持たないため、通常は後部座席の後ろのスペースを荷物室として使用しますが、後部座席を前方に倒すことで、ワンボックスカーのように多くの荷物を積載できる構造となっています。
この構造により、軽自動車などのコンパクトなタイプでも比較的多くの荷物を積載することが可能となっており、その使い勝手のよさから最近では人気を集めています。
また、上下に開閉するドアは荷物の積み下ろしも楽に行えるため、その点も人気の要因の一つとなっています。
従来のハッチ型のドアは、重量があるため女性などは開閉がしづらいという欠点がありましたが、最近のモデルでは油圧式ダンパーによって開閉を補助する機構が採用されており、そうした欠点は解消されました。

スライドドア

| 未分類 |

車のドアは大まかに分けて3種類ありますが、その中でも注目を浴びているドアがスライドドアです。読んで字の如くこのドアは開閉をスライドで行うことの出来るドアです。車のドアはオープン型の扉を外に開くタイプが一般的です。このドアタイプの一番のデメリットは開閉する分のスペースが必要であるということです。
スーパーや公共機関、その他の駐車場などでの荷物の運搬時、小さな子供や要介護者を乗り降りさせる、または自身が妊婦である女性などが乗り降りする際に隣に駐車している車両、壁、突起物、もちろん通行人などに当らないようにすることに留意する必要があります。隣の車両や壁からの間隔が十分であれば問題ないのですが、狭い場合はドアが開ききらないようにそっと開けながら慎重に乗り降りしなければなりません。これは身体の不自由な方や小さなお子様には大変難しいことです。そこで登場したのがスライド式のドアです。これは車の車内に襖を開けるような間隔でドアを引くことが出来るため、ドアの開くスペースを気にする必要がありません。さらに最近ではボタンを押すと自動で閉めるタイプやドアを引く際に女性やお年寄りの力で簡単に開閉できる介助型のドアも装備されている車も増えています。今後、ワンボックスカーの後部座席への全面普及が見込まれています。

車のドアは大まかに分けて3種類ある

| 未分類 |

車にもいろいろな種類がありますが、そのつくりから車に乗る際に必ずてに触れるドアにもおおまかに分けて3種類あると言われています。
セダンタイプの基本的な車には、手前に引く一般的なもので、セダンではなくとも概ねあらゆる車の運転席や助手席に取り付けられています。
また、近年のコンパクトカーの人気ぶりからよく見かけられるハッチバックタイプのもの。
これは車の後部に取り付けられて、荷室スペース、又はトランクへのアプローチを効率的に使いやすくさせてくれています。
そして最後に、ファミリー層から絶大な人気を誇るミニバンタイプの車には、左右に開閉させるスライドタイプのものが多く設置されています。
このタイプのメリットは、スペースが狭い駐車場などで、水平方向へ開閉させることが出来るので、隣の車に傷を付けてしまう心配がありません。
しかも近年その使いやすさの人気からあらゆる工夫が施されているのも、このタイプのお特徴でもあります。
例えば、安全を確認した上で、運転席からの開閉をコントロールできるものや、少し力を加えるだけで安全に開閉できるものまで、オプションとしてラインナップされている事からも、その人気ぶりが伺えます。
使用されている部品はそれぞれ異なります。
セダンタイプや運転席、助手席に取り付けられるものは、ヒンジにより開閉を可能にしています。
ハッチバックタイプに取り付けられている、上下に開閉するものは、ダンパーという油圧による仕組みで、開閉する際に重さ感じさせません。
そしてミニバンに見られるスライド式は車の上下にレールが設置されて、そこに沿ってスライドさせる仕組みになっているのです。