フロントスポイラー

| 未分類 |

車の購入をする時オプションでエアロパーツを付けることがあります。
エアロパーツには、主にフロントスポイラー、サイドステップ、リアスポイラーがあります。
エアロパーツの目的は風の流れを良くすることで、走行性を高くするということがもともとの目的でした。
フォーミュラーカーなどの場合、後部に取り付けられた大きなウイングタイプのスポイラーが空気抵抗を抑え空気の流れを良くすることで速く走れるという点はあります。
しかし、日本国内の公道では、制限速度があり、それほどスピードを出すわけにはいかず、このスポイラーが役に立っているわけではないと考えて良いでしょう。
そうすればスポイラーの役割は何であるかと言えば、デザインにあると言えます。
純正オプションで設定されているものや、社外での製品もあり、それぞれに形状が違います。
とくに若い世代がこのエアロパーツを好む傾向があり、エアロパーツを付けることで愛車を自分なりにカスタマイズでき、エアロパーツが付いているかいないかで、売却時の買取においても価格が大きく変わるほどで、エアロパーツにおいてデザインは非常に重要であると言えます。
エアロパーツを装着した中古車はとても人気が高いです。