ハッチ型ドア

| 未分類 |

自動車のドアの種類の一つとして「ハッチ型ドア」と呼ばれるものがあります。
このドアは主に車の後部に取り付けられているもので、リアガラスと一体化した形状となっており、上下に開閉する仕組みとなっています。
この方式のドアを採用している車は「ハッチバック」と呼ばれており、現在、ほとんどの自動車メーカーがこのタイプをラインナップに用意しています。
ハッチバック車の特徴としては、室内と荷物室が一体となった設計になっている点が挙げられます。
セダンタイプのように独立したトランクを持たないため、通常は後部座席の後ろのスペースを荷物室として使用しますが、後部座席を前方に倒すことで、ワンボックスカーのように多くの荷物を積載できる構造となっています。
この構造により、軽自動車などのコンパクトなタイプでも比較的多くの荷物を積載することが可能となっており、その使い勝手のよさから最近では人気を集めています。
また、上下に開閉するドアは荷物の積み下ろしも楽に行えるため、その点も人気の要因の一つとなっています。
従来のハッチ型のドアは、重量があるため女性などは開閉がしづらいという欠点がありましたが、最近のモデルでは油圧式ダンパーによって開閉を補助する機構が採用されており、そうした欠点は解消されました。