空気の流れを利用して走行性を上げる

| 未分類 |

エアロパーツとは通称エアロと略されることが多く、もともとのこれの役割は空気の流れを利用し走行性を上げるというのが目的でしたが、新車を購入する際に「エアロパッケージ」とか「スペシャルエアロエディション」とか「エアロセレクション」など様々なかたちでエアロを取り付けたバージョンのグレードが設けられています。
しかしこれらの車がすべて空気抵抗を考えて作られているかと言えば、当然そうではなく、デザイン性を大幅に考慮しているという側面が高いです。
従来はエアロの代表といえばトランクリッドに取り付けるウイングタイプやリップタイプのスポイラーが多かったのですが、ボディに穴を開けての取り付けとなり、錆の原因でもあるため、最近ではほとんどみられなくなりました。
一方で、スカートと言われるフロントバンパー・リアのバンパーやサイドステップ部分に付けるウレタン製やFRP製のスポイラーが多くなりました。
デザインを重視してつくられるこのタイプのスポイラーには欠点と利点があります。
欠点としては坂道で裾がするという点や取り付けと購入にコストが掛かるという点で、利点としては見た目が良い、下取り時に価格を上げるポイントとなるなどがあります。